「パワーストーンの意味って本当にあるのでしょうか?」タロット占い師への質問!

こんにちは、タロットを使わないタロット占い師の輝夜(かぐや@kagu_night)です。

今回は質問箱 にきたご質問に答えていきたいと思います!

久しぶりに質問箱からのご質問〜♪ どうもありがとうございます!

突然ですが質問失礼します。

最近ブログでブレスレットのお話をよく読むのですが、一般にいう石の意味って本当にあるのでしょうか?

色々な所で見かけますが石の意味は人間がつけただけで本当は関係ないんじゃないかと感じてしまいまして気になっています。

これはひっじょおおぉ〜〜〜に、素晴らしい質問だと思います!

だってわからないもんね?

私はパワーストーンを身につけたり持ったりして「コレが起こったのは、この石を持ってるからだ!」ということが何回もあったから意味があると感じるけど

「じゃあどうして意味があると思うのか?」ということを記したいと思います。

例によってパワーストーンマニアのミス・ピーチにも聞いてみました!

パワーストーンに意味をつけた人とは?

輝夜:

ということで、こういう素晴らしい質問がきたんですけど。

 

ミス・ピーチ:

ふんふん、なるほどねぇ。

 

輝夜:

私は人間がパワーストーン・・・・・まぁ、昔はそんな呼び方してないですよね。

その鉱物を発見してそれに名前をつけて、その働きを期待して使ったから(意味を与えたから)、石に意味ができたと思うんですよね。

天然石に意味が宿った、というか。

あ。「宿った」って表現、とてもあってるかも。

発見された鉱物の数々・・・・・

貴石や半貴石は歴史が古いからその頃から使われていた(信じられていた)意味が今も継続してるのもありますよね。

「魔除け」とか「地位」とか「権力」とか「お守り」とか「浄化」とか。

私はそういうものってある意味、集合的無意識みたいなものなんじゃないかなーと思うんですよね。

例えば「りんご」って言ったら「赤くて、丸くて・・・・・」って多くの人が思い浮かべるような。

 

ミス・ピーチ:

たしかに・・・・・

あとは石と直接言葉を交わせる人が石に直接聞いたりね(笑)

 

輝夜:

あぁ!それもあるかもしれないですね。

だってそもそも最初に発見した人がなんでその石を「魔除け」「お守り」という用途に使おうと考えたのか?

ってのは疑問ですもんね。

そんなこと言ったら、私は様々な食材を最初に口にした人をいつも尊敬してるんですけど。

ゴボウとか自分が最初に発見したとしたら「美味しそう〜♪これ食〜べよ♪」なんて思わないじゃないですか(笑)

ちょっと話がそれましたけど、石でもなんでも、最初に「モノに意味を与えた人」って誰だかほとんどわからないですもんね。

 

ミス・ピーチ:

そうねぇ。

最初は誰かが考えたにせよ、修正を加えながら徐々に今の意味になってきたんじゃないかと思うんだよね。

例えば、はじめはインカローズは魔除けっていう意味もあったかもしれないけど、身に付けた人が実は

「魔除けより恋愛に効果があった!」

ってな具合に結果に基づいて変わってきたみたいな。

 

輝夜:

確かに、石だけでなく多くのものがそうであるように、石の意味は時代とともに変わってきてるでしょうね。

ちなみに太古に使われていた天然石、貴石や半貴石の意味がどうして判明したかというと、やっぱり考古学者や歴史学者、鉱物学者さんのお陰ですよね。

壁画とか書物とか、掘り出されたモノを解析して判明したんでしょうから。

邪馬台国の卑弥呼様も翡翠とか水晶とか使ってそうですよね!単なるイメージだけど(笑)

 

ミス・ピーチ:

使ったでしょう〜!笑

あ、このサイトはわかりやすいかも。

パワーストーン大百科

 

昔からベースがあって、そこに少しずつ色んな意味が足されて今の意味になってる事もあるのかな〜。

シトリンは水晶だけど金運に効果があった人が金運にも効くって足したり

スモーキークォーツも水晶だけど身に付けた人が姑と仲良くなったからそんな意味が加わったり。

ローズクォーツをつけたら彼と上手くいったからそんな意味が加わった、みたいな。

水晶の特性を持ちつつも、それぞれがその石の特徴を持ち出すみたいな・・・・・

 

輝夜:

そうですよね。

タロットカードだって、もともとゲームですからね。

それが今は「占いの道具」になってる。

誰かが最初にタロットカードで占いができる意味をつけたからですもんね。

あー、同じカテゴリでいえば占星術も同じか。だってただの星に意味をつけたわけだから。

星やタロットは歴史が古いですけど、近年でいえば血液型占いは今では日本の文化(?)って多くの人がうっすら分かってるだろうけど、やっぱりどこか血液型が気になっちゃったりして。最近は海外でも人気みたいですよ。

誰かが最初に意味を見出せば、そこに多くの人の意識が集まって作用を及ぼすんだと思います。

 

パワーストーンを持つことの意味

輝夜:

そもそもパワーストーンって日本語・・・・・みたいですよね?

うーんと・・・・あったあった、和製英語ってなってる。

だってミス・ピーチが行く天然石の市場も「ミネラルショー」とか「ジェムコレクション」って銘打ってますもんね。

世界中から集まるから。

 

ミス・ピーチ:

あ、そうそう。そうだよね。

 

輝夜:

ってか、一抹の不安・・・・・パワーストーンって商標登録されてんじゃね?って思ったんだけど・・・・・・

ぅわ。・・・・・よし、これは見なかったことにしよう。

話がそれましたが。

この間、ミス・ピーチの石の選び方について聞いた時に石の意味は一概に言えないと感じましたね。

世間一般的に言われているようなのとはまた違うんだなー、って。

ミス・ピーチの妥協なし!なパワーストーンの選び方の記事はこちら。

輝夜&ミス・ピーチのオーダーメイドパワーストーンの秘密。

2018.06.19

たとえば「愛情」って意味づけされているローズクォーツから削り出された石でも、粒一つ一つによってキャラクターがあるなら「愛情」の一言では足りないですしね。

そういう愛情だけじゃなくて、可愛さとか愛らしさとか魅力アップによかったとか・・・・・

身につける人によっては水晶のようなお守りとか浄化のような意味で選ばれることもあるのかな〜?って。

ローズクォーツも水晶ですしね。

 

ミス・ピーチ:

うんうん。

私、意味も大事だと思うんだけど、石を選ぶ時はあまり意味にとらわれないようにしてるんだよね。

選んだ結果、(パワーストーンの持つ)そんな意味だったってことが多いかなぁ。

どんな石を持っても、選ばれた石は自分が意図した方へサポートしてくれることに変わりないと思うんだなぁ。

 

輝夜:

たしかに、重要なのはパワーストーンそのものの意味というよりは、それを持つことによって持った人がどんな変化を起こすか?ということが大切ですからね。

石そのものの意味を知らなくても、カラフルな色で、ツヤツヤしてて綺麗で可愛くて、アクセサリーとして身につけてたら、

ウキウキしてテンション上がっちゃう!!

っていうのも素晴らしいし、意味があることなんじゃないかなって。

もちろんそれだけでなく、石の持つ意味を知っていて身につけて

「よし、がんばろう。やったるぜっ!」って思えるならそれも最高ですし。

 

例えば私はSMAPが好きですが、別にSMAPが私に何かしてくれたわけではなくて。

だけど彼ら(の活動)を見て私が勝手に元気になったり燃えたり勇気をもらったり。

感動したり悲しくなったりしてるんですよね。

そんな感じでパワーストーンを持ってると(自分に合ったものなら)何か感じるものが出てくるのかなぁ・・・・・みたいな。

もはやこれは石の意味とは関係ないけど(笑)

 

ミス・ピーチ:

でもそれって大事よね。

どんな意味であれ、持っていて前向きになったり元気になればOK!

って、答えになってないか(笑)

 

輝夜:

(笑)

質問者さんのほしい答えにはカスる程度かもしれませんけど。

私もパワーストーンそのものの意味というよりは、それを「自分で身につけてどうなりたいのか?」ということが大切だと考えているので、「相棒」って表現をしてるんですよね。

いつも一緒にいてくれて、共に変化を楽しんでくれる、裏切らないパートナー。

楽しさは2倍に、かなしさは半分に。

病める時も健やかなる時も。

そういう相棒としてのパワーストーンを持てたらいいよね、というお話をしています。

 

ミス・ピーチとの話では終着点が若干逸れてしまいましたが(笑)

私が重要視しているのはパワーストーンの持つ意味そのものよりも、

「一人でできないならパートナーと一緒にやったらできるんじゃない?」

という感じでパワーストーンアクセサリーを作っています。

だから買ってくれた人はみんな「すっごい可愛い!!」といって、パートナーとしてパワーストーンアクセサリーをとても大切にしてくれます。

 

カラーセラピーとパワーストーン

カラーセラピーってあるじゃないですか。

色、ですよね。

例えば赤を見たら「情熱的、元気、攻撃的、炎」とか

ピンクなら「可愛らしい、恋愛、ハート、やわらかい」とか

青なら「冷たい、神秘的、クール」とか

黄色なら「明るい、華々しい、目立つ」など。

 

そういうイメージってだいたいみんな似たようなものになりますよね。

それと同じで、今のパワーストーンでは色合いで意味が変わってくるものもあります。

色で意味づけされているものって「色」に対する人類の普遍的なイメージなんじゃないかなぁ、と思います。

人類の智慧(?)があって、様々なモノに意味づけされていくというか。

 

それって無意識の領域だから、たとえパワーストーンの意味を知らなかったとしても

ローズクォーツを身につけたら「恋愛にいいことありそう」とか、

金色のルチルクォーツを身につけたら「金運がアップするかも?!」と感じたり。

そういう無意識から影響されている部分も結構あるんじゃないかと思います。

 

石と話せる人たち

これは信じるか信じないかはあなた次第ですが(笑)石と意思疎通できる人っているんですよ。

以前テレビ番組の「志村動物園」で動物と会話できる人が登場したのを見たことありますが、あんな感じで、石と会話することができる人たちがいます。

ミス・ピーチもそっち系ですね。明確な言葉じゃないらしいですけど。

 

あとは霊能の力を持っていて、石のことがわかる人もいます。

石だけじゃなくてモノ、とか。

私はそういう人に身につけていたネックレスの気持ちを言い当てられて「うわぁーーー!!」って思いました。

ペンダントトップがうさぎだったんですけど。

パワーストーンじゃないけど、これは動物の形をしたモノ、ですね。

ミス・ピーチも話してましたが、そういう石と意思疎通ができる人たちが石に意味を聞いたりしてるものもありますね(近年のやつ)。

 

私は霊能者じゃないので自分で確かめようもないですけど、私の身につけていたものや石について私しか知らないようなことを話してくれるので「まぁ、石(やモノ)の言ってることが分かるんだろうな」と思います。

石なら私でもちょっとわかりますしね。

 

でもこれって私だけじゃなくて、

みんなもよく見たらわかると思います!

意識してないからわからないだけで。

先日、霊能先生のところに行ったときに、生きてるパワーストーンと死んでるパワーストーンの両方を見せてもらったんですけど、明らかに違いました。

これは誰が見ても明らかに「違う」とわかるレベルだったんです。

そもそも輝きがないんですよ。パワーのなくなっちゃった石は。

汚れてるとかじゃなくて、くすんでる、みたいな。

例えるなら赤ちゃんのお肌と80歳のお年寄りのお肌みたいな違いです。

それって誰が見てもだいたい分かるじゃないですか、違いが。

 

しかし石やそういったものに興味がない人はそもそも意識していないし、調べないし、探さないので、分からないですよね。

知るわけがない。

 

それはそれでいいんだと思います。

サッカーが大好きな人もいれば、全く興味ない人もいるし、アイドル好きな人もいれば、そうでない人もいる。

この世に誰一人として同じ人間がいないように、

考え方や感じ方も誰一人として同じじゃないし。

石たちも、どの子だって全く同じものなんてないから。

 

「ピーンときた!」という人は、それが正解だと思います。

もちろん、反対も。

だから質問者さんが「意味ないよね」って思うならそれが正解なんですよ。

 

というわけでタロット占い師輝夜への質問を受け付けています!

匿名なので気になることはなんでも聞いてみてください。できる範囲で(なるべく常識の範囲で)答えます!

別にタロットの質問じゃなくてもいいですよ〜「好きな食べ物はなんですか?」とかでもウェルカムです!!

あなたと一緒にがんばってくれる世界に一つだけの素敵なパートナー

あなたのお悩み解決をお手伝い!鑑定のお申し込みはこちら↓からどうぞ☆対面・通話・メールセッション対応。

↓↓↓あなたを「本気でサポート」する素晴らしい天然石を揃えています★

チャンスを掴む人、掴めない人、気づかない人。

2018.05.16

効果的なパワーストーンの選び方。パワーストーンは持ち主を呼んでいる?!

2018.05.10

「2週間経たずにいい人が見つかりました!」のパワーストーンセッション

2018.05.08

LINE@でも運気アップのお話しています。

友だち追加

インスタグラムでは【日々のタロット】更新中★

輝夜Twitterはこちら★運気アップのコツを呟きます。