誰でもできるよ!タロットカードの小アルカナの覚え方 その1

こんにちは、新宿のタロットを使わないタロット占い師の輝夜(かぐや@kagu_night)です。

タロット講座をしていて、最初の最初に躓くのは

「小アルカナの意味が・・・・・覚えられませんっ!

56枚なんてたくさんありすぎます〜(T_T)」

というもの。

無問題!!モウマンタイッッッ!!!

ぜんぜんだいじょうぶよ〜。

タロットは誰でもできるから楽しいよ〜。

だからみんなもやろうよ〜(笑)

ということで、私が教えている簡単で誰でもできるタロットカード小アルカナの覚え方をお教えします。

 

タロット小アルカナ「56枚」の数字に騙されるな!

まずは苦手意識を無くしましょ(笑)

タロットカードの小アルカナは全部で56枚しかありません。

小学校で覚える日本語の語彙数は約5千~2万語

中学生が覚える英単語数は約1,200語です。

それを考えればたった56個のタロットカードの意味を覚えるのなんて、なんてこたぁないと思いませんか?

 

タロットカードの意味を辞書的に覚えると忘れる人へ

ここで紹介するタロット小アルカナの覚え方は

「覚えることが苦手な人向け」です。

人には得意不得意がありますよね。

記憶力が良くて、英単語や歴史や数字や雑学を覚えるのが「得意です!」という人ももちろんいます。

そういう人はタロットカードの意味を覚えるのも、本を一冊買って、そこに書かれている意味を一つ一つ覚えるのが一番手っ取り早いと思います。

得意な方法なのでストレスもそんなにないですし。

そういう人はもうタロットカードのやり方は次のステージにチャチャチャッと進みましょう!

 

ここでは「覚えるの苦手なんです〜。こんなにたくさんのタロットカードなんて覚えられません〜」(といっても56枚だけですよ)という人へ向けて書きますね。

そういった「覚えるのが苦手!」という意識のある人は、がんばってタロット一つ一つの意味を覚えてもいざ、「リーディングしましょう!」となった時に他のことに気を取られて(相談者様の話とか)おそらく意味を忘れてパニクる可能性が高いので。特に最初は。

無理なく無駄なく、そして楽しく!

タロットカード小アルカナを覚えていきましょう!

 

タロットカード小アルカナの覚え方

まず、結論をいうと

「あなただけの物語を作りましょう」

という方法をとります。

あなたが自分で作るオリジナルストーリー。

自分で作るお話なら、そうそう簡単に忘れないし、覚える過程も楽しいですよ♪

 

タロット小アルカナ覚え方の手順その1

それではやり方を説明します。

まず、小アルカナをスートごとに分けてくださいね。

スートとはワンド、ソード、カップ、ペンタクルの4種類のことですね。

タロットカード小アルカナのスート
  • 棒(杖) wands (batons)
  •  swords
  • 聖杯 cups
  • 硬貨(護符) coins (pentacles)

そうしたらその一つ一つのスートごとにストーリーを作ります。

スートは1〜10までの数字が振られた数札(ピップカード)と、

ペイジ、ナイト、クィーン、キングの4人が描かれた人物札(コートカード)から成りますね。

それを数字の1〜10、ペイジ、ナイト、クィーン、キングの順番に並べます。

こんな感じで。

 

タロット小アルカナ覚え方の手順その2

そうしたら、その並んだカードを数字の1から順番に見ていきましょう。

自分がそのスートの世界で冒険をしているような気分で楽しんでください。

 

例えばワンドのスートを見た時に、1〜3までのタロットを見てあなたはどんな物語を作りますか?

ワクワクと想像してみて!

あ、作りながらも忘れると思うので、ちゃんとノートに書き出すのがコツですよ。

 

そして最大のポイントはタロットに描かれている絵をよくよく観察すること。

そのタロットには何が描かれていますか?

人物はいますか?

その人は何か持っていますか?

どんな洋服を着ていますか?

表情はどんな感じ?笑ってる?怒ってる?悲しんでる?それとも無表情?

視線の先は?

景色は?

動物はいますか?

どんな色で塗られていますか?

天気は?

朝・昼・晩いつですか?

・・・・・・などなど。

よーくタロットの絵を見てくださいね!

 

タロット小アルカナ覚え方の手順その3

一通りのストーリーを作り終わったら、今度は自分の持っているタロットの本で小アルカナの項目を見てみてください。

そしてそこに書いてある意味を確認してみて。

きっとあなたが作ったストーリーと大幅に違う意味は載っていないはずです。

 

そしたら・・・・あ〜ら不思議!

タロットの小アルカナの意味が自然と思い出せるようになってます!!

もし忘れそうになったら、自分が作った小アルカナの物語を思い出してみましょう!

 

タロット小アルカナの物語の例

そうはいっても、「え?え?一体どうやったらいいの?」という人もいるかと思います。

そこでタロット講座の生徒さんが作ったソードのストーリーを紹介しますね。

これはソードの物語です。

めっちゃくちゃ面白い!!

しかしちゃーんとタロットの意味の的を射ています。

 

このストーリーでは途中で一回死んじゃいますからね(笑)最高すぎます!

こんな感じで自由に作ってください。

タブーや失敗なんてありません。

あなたの好きなように、あなただけの物語を作ってください。

 

それでも小アルカナの物語を作れない人は

「えぇ・・・それでもよく分からないんですけど〜」

というあなたは、もう、私が直接教えるのでレッスンに来てください(笑)

「遠くて無理!」という人はスカイプやズームを使ってのオンラインレッスンも対応しておりますので言ってください。

レッスンといってもマンツーマンの個人レッスンで、1回ごとのレッスンなので

「タロット小アルカナのストーリーの作り方だけ教えてください」

というのでも全然オッケーです!

1回3,800円です。

詳しい内容やお申し込みはこちらからどうぞ。

 

ご質問やお問い合わせは下記からできるので、気になることはなんでも聞いてくださいね!

 


あなたのお悩み解決をお手伝い!鑑定のお申し込みはこちら↓からどうぞ☆対面・通話・メールセッション対応。

あなたと一緒にがんばってくれる世界に一つだけの素敵なパートナー

↓↓↓あなたを「本気でサポート」する素晴らしい天然石を揃えています★

チャンスを掴む人、掴めない人、気づかない人。

2018.05.16

効果的なパワーストーンの選び方。パワーストーンは持ち主を呼んでいる?!

2018.05.10

「2週間経たずにいい人が見つかりました!」のパワーストーンセッション

2018.05.08

LINE@でも運気アップのお話しています。

友だち追加

インスタグラムでは【日々のタロット】更新中★

輝夜Twitterはこちら★運気アップのコツを呟きます。