ワードプレスの削除した記事が検索で出てくる!これを簡単に消す方法。【初心者向け】

こんにちは、輝夜(かぐや@kagu_night)です。

このブログはワードプレスを使っています。

ワードプレスって最初にサンプルとして
「Hello world!」
という記事やコメント、未分類カテゴリなどが用意されています。

これがっ・・・・・

驚いたことに、このブログをGoogle検索すると一番最初に出てきてしまいました。
削除したはずの「Hello world!」が。

こんな感じに。(最初のタイトルは「タロットと輝く夜を歩こう」でした)
スマホからの検索なので見辛くてすみません。

ブログタイトルで検索してくれる人はいないでしょうが、
でも表示されるのが
「Hello world!」
って困ります。

そりゃ気持ちはいつでもハローだけどさ。

それなのでどうやったら削除したこのサンプル記事「Hello world!」が検索結果から消せるのか挑戦しました。

すぐにできると思ったのに全っ然できなくて、意外と時間がかかって面倒だったのでここに記します。
同じお悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

そしてここに書かれてることは初心者向けです。ハイ。

 

削除した記事が検索で出てきてしまう原因

 

削除したはずの記事がGoogle検索で表示されるのはそのページのキャッシュが残っているからです。

キャッシュとは一時的に保存されたデータのことです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンはページを捕捉すると、キャッシュという形にしてページを保存します。

これは検索結果を素早く、パソコンに負荷をかけないように表示するためです。

そのためにブログの管理人により削除された記事も、キャッシュが残るうちは閲覧が可能なんです。

だいたい、次にgoogleの検索クローラーが来ればページがないことに気づいて削除されるのですが、
そのクローラーがいつ来るのか?!
というのは分かりません。

ちなみにクローラ(Crawler)とは、ウェブ上の文書や画像などを周期的に取得し、自動的にデータベース化するプログラムである。by Wiki

 

さらにワードプレスだと記事をごみ箱に入れて削除しても、ゴミ箱の中身はデフォルト設定だと30日間保存され、いつでも記事の復元が可能だそうだ。

これも原因じゃないのか?と私は思ったんだけど。

参考記事:
削除した記事が消えずにGoogleの検索で出てくる・・・?

 

ブラウザのキャッシュを削除する方法を2つ試しました

 

それなのでパソコン上のブラウザキャッシュクリアを試しました。
主な方法は下記の2つ。

  1. ブラウザのキャッシュをクリアする
  2. WordPressのキャッシュ系プラグインでキャッシュをクリアする

 

1について。
だいたいどのブラウザでも
「設定」の「閲覧履歴データの消去」から削除できる流れです。

詳しくはこちら↓のリンクをどうぞ。
ブラウザ別キャッシュのクリア方法(デスクトップPC向け)

それでもすぐには反映されず、相変わらず「ハロー!!」は軽快に残っている。

 

2について。
続いてワードプレス使用のブログということでプラグインをインストール。

本当はあまりプラグインを入れたくないのだけど(動きが鈍くなるから)背に腹は代えられぬということで
「WP Fastest Cache」
というプラグインをインストール&実行。

参考は下記です。
WordPressキャッシュプラグインの最終兵器「WP Fastest Cache」

 

がしかし!
それでもすぐには反映されず・・・・・。

作ったばかりのブログにいつ来るか分からないGoogleさんちのクローラー君を待っているのも時間がもったいない。

 

ということで
「ほかにもっといい方法はないのか?!?!」
と探しまくったら、すんごい簡単な方法がありました。

しかも早い。
そして確実。

 

削除したのに残ってしまった記事を簡単に!早く!確実に!消す方法

 

それは。

Googleさんに「消してください!!」と申請することでした。

こちらから手続きができます。
Google 検索 ヘルプ Google からの情報の削除

削除したい記事のURLをコピペする。
URLが手元に残ってないので、削除したい記事のURLは自分で検索して出てきたものを入れればいい。

 

URLを入れるとGoogleさんが分析してくれます。

 

その後、記事がないと判断するとリクエストを受け付けてくれます。

 

これが一番簡単で早かった。

忙しくて翌日に確認はできなかったのだけれど、2日後にはキレイに消されていました。

 

ブラウザのキャッシュクリアやプラグインで削除しても、結局はいつ来るか分からないクローラーを待たなきゃいけないのなら、本家のGoogleさんに申請した方が対応が早かったということでした。

 

こういうヘルプって世界中から申請が来てるからもっと遅いかと思ってたけど、しっかり時代の早さに対応しているんですね。
さすがGoogle。

 

ということで無事「Hello!」は検索結果から削除できました。
Thank you Google!